心を開く ことで, 自分の心 に 耳 を 傾ける ことができる

自分の 心を開く ことで,  相互理解 と 内省 とを促進する

心を開く ことで 相手 も 心を開く ことができるようになり, 相互理解 が 驚異的 に 促進する. さらに, 開いた自分の 心 に 耳 を 傾ける ことで 内省 をすることができる.

self disclosure

self disclosure

友人 が言っていたことに, 「大ナタを振るうことに恐怖がある」というものがあった. 確かに. 自分を オープン することについて 怖い 気持ち は , ある.

私も今だからなんとなく言えるけど , 「本当の自分を 評価される ことが 怖い 」「 馬鹿にされる ことが 怖い 」「 恥 をかくことが 怖い 」「“みんなに 良い人 ”だと思われていたい」と, 何らかの 意思決定 をするときにこれらの 気持ち がもたげてくる.

職場においても , そういった言動が落ち着いていると評価される傾向は正直言って, 強い. ある程度グループをまとめる立場, また部門長ないしは役員クラスと話す機会が出てくる立場になってきて, 言いたいことが なかなか 言えない (と勝手に思い込んでいた. 本当はそうではない, 自分が言いたいことを言えばいいし, 自分を感じたことをぶつければいいのである. )機会が増えていた.

その機会に どっぷりつかり, それが“ 普通 ”になると, 自分の 言いたいこと か何か分からなくなる. その症状がさらに進行すると, 自分が「 本当に 」 何を 感じているのか 分からなくなる.

認知 を変える

しかし, 今は違う 認知 をしている.

例えば , 評価なんて気にしていられない , 馬鹿にされない方が良いとは思うが馬鹿にされてもいい , 良い人だと思われるに越したことはないがそうでなくてもいい. 極論すれば , 数人でいい , 本当に 本音 で話せる 友人 が10人中1人 , 2人と増えれば , 他の8人とは無関係に終わってもいい , と思うようになってきた.

そう思えるようになると肩の力がすっと抜けた感じがして , 以前よりかなり自分をオープンに出来るようになってきた.

自分をオープンにするための手法の一つとしては, ある種「筋トレ」をすることである. つまり, 「本当の自分を評価されることが怖い」といった恐怖を受け入れながら, 自分をオープンにすることを継続するのである.

実体験:心の筋トレ

やはり, 「自分をオープンにする」ということを実践させてくれた場が良かったのだと思う. 参加するメンバーの間に利害がなく, 互いにサポートしあおうという暗黙の了解があり, 何をオープンにしても受け止めてくれる. 勿論, 厳しい指摘もときにはあるかもしれないが, 何より相手を思って, または自分を思ってくれての指摘だと思えば受け止めることができる.

実体験:もう一つの実践としての, 運動

相互に理解のある友だちの間であれば良いが, そこ以外で自分をオープンにすると, 勿論, 良いレスポンスもあるのだが, 受け入れがたいレスポンスもないわけではない. そこで, 運動し, 運動することで受け入れた自分に自信をつけ, 相手に多少何を言われても動じなくするのである.

 

自分 の 心を開く ことの 効果

自分をオープンにすると何がいいか?相手にも同じ認知があることは前提にはなるが, 相手もオープンになり , 共有している時間はそれほど長くはないものの表面的な話ではなく身の上話をできるようになる.
本当は何をしたいのか, 何をしたくないのか, 何に苦しんでいるのか, 通常では表現できないことを共有できるようになる. その結果 , 相手のことが良くわかるようになる.
さらに, 自分の感情も良く分かるようになる.
まず , 自分を表現するというプロセスを経るし , さらにその表現したものに対して相手が応じてくれることで再度自分に言い聞かせるというプロセスも経る. そのときに自分がどう感じるか. ここを内省することが自分をより理解することに繋がる.
自分の心を開くということに動機を感じている人は恐らく少ないだろう. ただ, 自分の心を開くことが出来ていないという認知はできるのではないだろうか. そうであれば, 試してみる価値はあると思う.

 

心の筋トレを実践するにあたって壁を感じることもあると思う. これを表現していいのだろうか?どんな反応が返ってくるのだろうか?
私の例ではあるが , その壁を超えるための方法の一つが「 圧のかかるフィードバック」であった.
次のポストでは , 「圧のかかるフィードバック」の例を紹介したい.

フィードバック を友人から得て, 自分をオープンにする

「参画する一人一人が創造したい自分になっていること」をビジョンとして活動しています.
心の筋トレをする場としての目的もあります. 興味がある方は是非!
木曜会:http://recreate.jpn.org/home/
http://recreate.jpn.org/home/

心を開く ことで, 自分の心 に 耳 を 傾ける ことができる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 思い込み , 信条, イデオロギーなどによって迷い、苦しめられる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です